labyrinth

○Lyrics○

「私(じぶん)」が分からなくなる
どっち向いても アナタが居て

こんなの似合わないのに
トキメいてる どうしようもなく

蜘蛛(くも)の巣に迷い込んでる
蝶みたいな私
抜け出す術(すべ)なんてもう
考えられない

☆ アナタに心捕われ
迷宮-labyrinth- 彷徨う
手にしたモノが次々
アナタへと羽搏(はばた)いてしまうの

理性や経験なんて
砕け散った 物の見事に

対等の恋を夢見た
蝶の私はもう
居なくて 蜘蛛のアナタに
(すべ)て 捧げてる

(たと)えば 恋が仮初(ひとよ)
夢ならば 私は
こんなに冒されないで
生き延びて 歩いてたことでしょう

蜘蛛の巣に搦(から)め取られた
蝶はもう戻れない
でもそれは蝶にとって
最高の倖福(しあわせ)でした

☆ Repeat

元々サビのメロディーとリズムパターンをMickeyさんから戴き、それを元に創り上げたって感じですね。
サウンドはものすごくブライトな感じなのに、詞がなんかこんなんになっちゃいました^^;
サビを聞いた時に「どうしようもない愛」を思い浮かび、それからサビの詞を書いてってしてた時点ではここまでになるつもりはなかったんですけどね(笑)。「羽搏いて」とか使ったり、蜘蛛や蝶を登場させたりしてる内にスゴイことになっちゃいました^^;
アレンジにおいては、なかなか今までに使ったことの無い手法も取り入れてみたりしてます。たとえばゲッカヨ2001年12月号の435ページに書いてるのとか(気になる人はぜひチェック。ちなみにTOKIOの「DR」と同じ手法)。
ちなみに実はベースは1月頭に出来てたんですが、色々試行錯誤してる内に3月も終わりに^^;
ま、その分いい感じに仕上がってるんでぜひ聞いてみてくださいな。
なお、サビのメロディーがミニモニ。の「ミニモニ。ひなまつり!」だのdreamの「My will」だのT.M.Revolutionの「THUNDERBIRD」だのに似てるとか言わないで下さい(爆)。

戻る